自分のサイトの存在をGoogleに知らせよう!Googleウェブマスターツール(Google Search Console)の登録方法 

Googleウェブマスターツール(Google Search Console)ってなあに?

ネットの世界というのは大きな大きな空間です。

あなたがヒーコラヒーコラ言いながら一生懸命頑張ってブログやサイトを立ち上げても、ただ立ち上げるだけで何もしないままでは、この広すぎるネット世界のどこにあなたのブログやサイトができたのか分かりません。

青い地球と緑の大地<<ネット世界は地球よりも大きい??

なので、たとえば誰かがアフィリエイトの情報を得たいと思ってGoogleで「アフィリエイト」と検索しても、あなたがせっかく作ったサイトは、ネット世界のどこかに埋もれてしまって見つけてもらえません

検索に引っかからないということはあなたのサイトにアクセスしてくれる人はほとんどゼロに近いということになってしまいます。

せっかくあなたが頑張って作ったのに誰にも見つけてもらえないなんて寂しいですよね><

慌てる男性<<そんなの嫌だ!

今回紹介する「Googleウェブマスターツール(Google Search Console)の登録」というのは、検索エンジンの代表であるGoogle先生に自分のサイトの存在を自分で教えてあげて「私はここにブログを作りましたよ~だからぜひ見に来てくださいね」と伝える方法です。

これをすることによって、Google先生の目に留まり、「お~こんなところにおったのか。ではちょっくら見回ってみるとするか」ってな感じでチェックしてもらえるようになるんですね。

チェックしてもらった結果、あなたのサイトにいい評価が得られれば「ここにいいサイトがあるよ!」とGoogle先生があなたのサイトを検索結果に表示してくれるようになります。

Googleウェブマスターツール(Google Search Console)の登録方法 

1、まずGoogleウェブマスターツールにアクセスし、「Search Consoleにログイン」をクリック。

※Googleウェブマスターツールは現在Search Consoleという名称になっています。

1サイトマップ

2、Googleアカウントを持っている方はアカウントを選択してログイン。

持っていない人は「アカウントを追加」で新規登録してください。

2サイトマップ

3、Search Consoleへようこその画面になったら「プロパティを追加」をクリック

Google登録方法 (17)

自分のサイトやブログのURLを入力して、「続行」をクリック。

Google登録方法 (4)

すると下記の画面になります。3-2サイトマップ

あとは表示された順番に進んでいくだけなんですが、ここから2通りのやり方があります。

  • 方法①FTPソフトを使う方法(ここではFFFTPで開設します)
  • 方法②メタタグをhtml内に書き入れる方法

どちらかやりやすい方で。

htmlをいじるのに抵抗がない方なら②のほうがどちらかというと簡単かな。

両方ご説明しますのでご安心を♪(ま、説明と言ってもGoogleの画面に表示されるとおりなんですけどねw読み飛ばしても結構です~)

①FFFTPを使う方法

1、「おすすめの方法」を選択。4サイトマップ

「1」の青文字になっている「この HTML 確認ファイル 」の部分をクリックして

ファイルをダウンロードします。

デスクトップなどに保存すると分かりやすいですよ。5サイトマップ

2、次にダウンロードできたファイルを自分のサーバーにアップロードします。

※ここではFFFTPを使ってアップロードします6サイトマップ

FFFTPを起動し、ホスト一覧で自分のサイトを選んで「接続」

7サイトマップ

左の枠にダウンロードしたHTML 確認ファイル(Google***というファイル名になっています)が表示されてるのを確認し、

右の枠内では「自分のサイトのURL→public_html」とすすみ、ファイルを開きます。

8サイトマップ

左のダウンロードしたファイルを右のpublic_html内にドラッグ&ドロップして移します。8-2サイトマップ

3、下記「3」で青文字になっている「http://自分のサイト名/google*******.html 」にアクセスします。9サイトマップ

真っ白な画面に「google-site-verification: google******.html」と表示されればOKです。

4. 一番下にある「確認」 をクリックし、所有権が確認できましたと表示されればOK。

10サイトマップ

②メタタグでの確認方法

1、「別の方法」を選択して、表示されているメタタグ(<meta name~の部分)をコピーします。

11サイトマップ

自分のブログのheader.phpなどにある、<head>の下に貼り付けて保存します。

14サイトマップ

※ちなみに無料ブログなどによっては<head>の下に張り付ける方法ではなく、設定画面にGoogle ウェブマスター ツール専用の登録ページがある場合があります。13サイトマップ

分からなければ、こちらで検索してみましょう^^

2、「確認」 をクリックし、「所有権が確認できました」と表示されればOK10サイトマップ

これで、サイトができたことがGoogle先生に報告できました^^

次は「サイトマップ」というサイトの目次のようなものもGoogle先生に送っておきます。

これを送信しておくことによって、Google先生に分かりやすくサイトの構造や内容を伝えることが出来、サイトの隅々まで見て回ってくれるようになります。

長くなっちゃったので、続きはこちらから♪

サイトマップを送ろう!Google XML Sitemapsプラグインで簡単送信

今回の記事が少しでもあなた様のお役に立てましたら・・・

**********************************
★ブログランキングに参加しています★
**********************************
今回の記事が少しでもあなた様のお役に立てましたらぜひ
クリックしていただけると励みになりますm(__)m


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. キロル より:

    ゆーたんさん

    はじめまして、ランキングから参りました。
    キロルと申します。

    画像がたくさんあって、初めてでも迷うことなく設定できますね♪

    応援完了です。

    また、遊びにきますね^^

    • ゆーたん ゆーたん より:

      キロルさん★

      ありがとうございます(*^^*)
      そう、私も初心者の頃何をどうすればいいかわからない状態だったので、
      画像がたくさんあるサイトがあればいいなって思ってたんです♪

  2. EVE50 より:

    管理するURLのプロパティが見つかりませんでした。探し方を教えてください。

    • ゆーたん ゆーたん より:

      EVE50様

      コメントありがとうございます。

      >管理するURLのプロパティ

      とはどのことをおっしゃっていらっしゃいますか?
      お手数ですがどの部分のことかもう一度コメントいただけますでしょうか。
      申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします

  3. RB より:

    good job でした!とても分かりやすいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)